スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健康に良くない生活習慣

ホワイトカラーサラリーマンの健康に悪影響を与える生活習慣top9
忙しいサラリーマンは "健康"を代価として、"お金"を得ています。損したのは何ですか?彼らは忙しい仕事と人生を乗り越える為にどのような方法を選択できるでしょうか?

危険な習慣①:物理的な運動、エクササイズの不足。 調査対象の932名からの回答では、96人だけ毎週一定の時間に運動していました、68%の人が “ほとんど運動していません”を選んだ。こういう習慣は疲労、めまい、他の現象を引き起こす可能性があります。更に肥満と心血管疾患の原因の一つとも言われています。。

危険な習慣②:病気を罹っても医師の診察を受けていません。病気を治療する手段の調査では、およそ半数の回答者は自分で市販の薬で治療すると答えました。三分の一方は、単に表面的な "小さな問題"を無視しています。多くのサラリーマンは、薬で症状を押さえることで、治療の効果が最もいい時期を逃がしてしまいました。

危険な習慣③:自分から進んで健康診断を受けません。 932人のうち、219は健康診断を受けたことがありませんでした。

危険な習慣④:朝食を殆ど食べません。朝、時間がないので、栄養所要量を満たした朝食を食べることは、サラリーマンにとって、贅沢なことになっています。回答者のうち、わずか219人は、決まった時間に栄養のある朝食を食べています。いい加減な朝食を食べたり、抜けたりすることは、当り前なことになっています。

危険な習慣⑤:家族とのコミュニケーションの欠如。41%以上の調査対象は家族との交流が少ない、家族が進んで、コミュニケーションしようとしても、、32%の人は、適当にあしらています。コミュニケーション少ないせいで、サラリーマンのストレスがどんどん貯まります。

危険な習慣⑥:長時間空調環境での生活。70%以上の人は、勤務時間中、用事で外出する以外、ずーと空調設備設置された部屋にいることが分からました。 体の調節機能の衰えや免疫力の低下につながっています。


危険な習慣⑦:長時間の座り込み。回答者のうち、542人は、トイレに行く時を除き、そう簡単に立ち上がらない。長時間座ることは、血液循環を妨害してしまい、新陳代謝と心血管疾患の多くの原因になります。長時間姿勢が変わらないと、頸椎、腰椎疾患の重要な要素にもなります。
危険な習慣⑧:長時間コンピュータを使用する。回答者の31%は、多くの場合、コンピューターを8時間以上の日を使用しています。コンピュータへの依存は、放射線に加えて、眼疾患、腰椎頚椎疾患、精神疾患は、サラリーマンの間では罹りやすい病気です。

危険な習慣⑨:睡眠不足。6割以上の人は、一日に8時間の睡眠時間をとれません。それ以外、7%の方は、不眠症があるという調査結果が出ました。

健康、お金、どちらが大事?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

dankenneth

Author:dankenneth
 小さいごろから海外で生活していました。そして、強くなりたいので、小学校から、格闘技を始まりました。
 レベル少しずつ上がりましたが、怪我があって、後の人生、家族の気持ちを考え、プロになるのをあきらめました。このブログで、役に立つ情報を分かち合いたい。
 健康な体は幸せな人生の基本だと思っています。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.

QR code
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。