スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャンプーの種類

アミノ酸シャンプー

洗浄力の強いシャンプーを毎日使うと、髪や地肌に刺激を与え続けます。
アミノ酸シャンプーは、主成分がアミノ酸系洗浄剤のシャンプーのことです。
お肌と同じ弱酸性なので、洗顔料としても使える。
低刺激で頭皮にも優しく、髪や頭皮のうるおいを守ってくれます。
またカラーの持ちがよいというのが特徴です。
ただ強い洗浄成分が入っていないので、
初めて使う場合には泡立ちが悪いと感じるようです。

石鹸シャンプー

石鹸シャンプーは、合成界面活性剤が入っていない石鹸成分だけでできているシャンプーです。
もちろん石鹸シャンプーにも界面活性剤は入っていますが、合成シャンプーの合成界面活性剤とは大きく違うものです。
合成界面活性剤は非常に脱脂力が強いので、肌トラブルに原因になることはご存知でしょう。
界面活性剤も確かに洗浄力が非常に高く合成洗剤にも負けませんが、ある濃度以上に薄くなると急に洗浄力が無くなり、界面活性作用を失う特徴があるのです。
なので石鹸シャンプーは髪や地肌環境を損なわずに、髪自身がもつ自然治癒力で髪も健康になるのです。

ただ髪の汚れを落とすだけなので、洗い上がりの手触りが悪く感じます。
しかしシャンプーとは本来、髪の汚れを落とすものであり、うるおいや手触りはコンディショナーで補充すればいいのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

dankenneth

Author:dankenneth
 小さいごろから海外で生活していました。そして、強くなりたいので、小学校から、格闘技を始まりました。
 レベル少しずつ上がりましたが、怪我があって、後の人生、家族の気持ちを考え、プロになるのをあきらめました。このブログで、役に立つ情報を分かち合いたい。
 健康な体は幸せな人生の基本だと思っています。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.

QR code
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。