スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不安

自分が時々不安と感じます。
精神科専門の友人に聞いたら、
こんなこと言われました:

「気持ちが落ち着かない」「どきどきして心細い」といった症状は、「不安」や「緊張」といわれるもので、誰でも感じる感情の一種です。
何か心配事や気がかりなことがある時、目上の人や初対面の人に会う時、試験の前などにこのような症状を感じることは正常な反応で、別に病気ではありません。原因となる心配事などがなくなれば、症状も自然に消えてしまいます。
問題は、そのような理由がないのに「落ち着かない」「どきどきして心細い」などの症状が起こる場合です。
この場合は「病的な不安」である可能性が考えられます。
「病的な不安」は「正常な不安」と違って、理由がないのに生じる、あってもそれと不釣り合いに強い、原因がなくなってもいつまでも続く、などの特徴があります。「正常な不安」が危険に備え、問題解決へ向かって行動を起こす原動力になるといった、人間にとって必要な側面をもっているのに対し、「病的な不安」は何らかの精神的・身体的な疾患の徴候である可能性があります。
上記のような症状を感じ、それが「病的な不安」ではないかと思ったら、精神科か心療内科で診断してもらいましょう。
スポンサーサイト

オトナに対する誤解

注目して頂きたいのは:
中年の男性、通常、実際に本当に成熟していないと思います。
この未熟さのせいで、社会に、自分自身に、
多くの問題を引き起こしています、彼らの妻にとって、結婚したことは残念なことだと思います。
これは未熟な人は、英雄とみなされることもあります。
最も典型的な例は礼儀の知らない、傲慢虚勢の男です。
彼らは死ぬまでゲームをしたり、子供と同じ趣味を持っています。
海外のラジオやテレビ、毎日、彼らの行動を報道しています
新聞でも宣伝されています。
私たちの周りの典型的な未熟な人もいます:
彼らは、家庭では妻と子供を無視して、
自分自身の楽しみの釣り、狩猟、ギャンブルに出かけて、
家族より、友人や仲間と一緒に過ごす時間が長い、
夜中に酔っ払って帰宅しています。
具体的に、これらの人々に言及するには、理由があります。
彼らの未熟さは、多くの場合、彼の妻と子供の感情的なストレスにつながるのです。
以上の男性の2つのタイプそれぞれの未熟程度は異なるが、特徴も違います、
しかし、こういう男性が非常に多いです。地域に関わらず、このような人々は必ずいます。
彼らの性格が悪ければ、もっと失礼な行動します。
ますます未熟かつ幼稚になっています。
例えば、注射、麻酔なしの手術と言われると、彼らの未熟さが完全に表れます。痛みに対する恐怖が耐えられないからです。
セントルイス(St. Louis)の病院で、私は "Tough guy"(強い男)何人かを見てきました、
彼らは通常、勇敢で有名でした、しかし、病院では子供のように怖がっています。

もちろん、彼らは強そうな顔をしています、
実際には、単に紙の虎。
彼らは、実際にプレシャーに弱いです
大概お酒が好きです、
しかし、彼らは知らない、
アルコールがプレシャーを緩和する効果的な方法ではないこと。
彼らの見解では、
オトナははお酒を飲む、喫煙する必要があります。
更に、
妻への無礼は、無関心な態度が成熟であることを示すと考えているようです。
これらの人、法律で結婚することも許可されること、本当に残念に思います。
恐らく、彼らは40代か50代になると、自分の考え方が完全に間違っていることに気づくでしょう。
そして緊張し始め、クリニックのコンサルティングに行くことになると思いますが。
その時までに、彼らはほとんどは弱く、病弱であるに違いない。
悲しいことに、奥さんも若いうちに、30代か40で病気になるケースも珍しくない。彼らの子供たちは、心理的な問題発生の確率も高い。
子供には責任がなく、問題は両親です。

真の成長

  心理状態が穏やかであることは、人間としてほんとの意味のオトナになったことの証拠です
  近年、心理学者はやっとオトナの心理の面での成長を調べるようになりました。言葉字面の意味から言えば、オトナというのは:子供と違って、積極的な心理状態で前向きな生活をする。オトナの心理状態が穏やかであるのは:例えば、子供は危険な状況の時、(緊張)パニックになっていることに違いない、しかし同じ状況で、オトナの人は落ち着いて対応していけます。
  心理学者は、ほとんどの人が精神での“オトナ”になっていないことを指摘されました。多数のオトナの人は子供っぽい一面を持っていて、子供のようにパニック(緊張)する、情緒不安になることがあります。一部の人、運が良く、周りの人の指導の下で、完全のオトナに近い状態まで成長しています。
  人々にオトナになるように助けてくれる正規の教育プログラムがないためです。殿レベルまで成長するには運にもよります。とても幸運な一部の方がいます、しかし、たとえこのような方成長したとしても、このような指導の効果も限られています。
  一般的な考え方として、社会に認められたエリートの人々は、すべて才能があって、精神面での成長も十分されていると考えます。しかし彼らの性格の中で間違いなく子供っぽい一面があります。生活の中、一部細かい事について、恐らく、彼らの反応は子供と同じレベルのようです。
  一部の企業家、あるいは、新聞雑誌に登場する有名人で、基本的な問題の考え方は間違っていることもよくあります。いったん民衆が彼らの精神面の不足を分かれば、彼らはそのポジションに登ることがあり得ません。人々は彼らの真の姿を分かるはずです。それから彼らの論調にもうごまかされることありません。
  いったん私達の社会は人々に穏やかな心理状態を身につけさせることを意識したら、本当に精神面でのオトナが増えれば、社会全体も、個人の生活も全て大いに改善されます。

情緒障害の原因

 人生の試練やトラブルが少ないことは、情緒障害発生の確率と関係ありません。
  最も驚くべきことは、情緒障害で苦しんでいる人、通常、解決しなければならない問題が抱えていないということ。
通常、皆さんの考え方は、次のように表現できる:

問題が多い=情緒障害発生しやすい

問題はほとんどない=情緒障害発生しない

 しかし、実際はそうではありません。もちろん、いろんな問題は、情緒障害を引き起こす可能性があります。
実際には本当の原因は、患者の大半、ストレスが溜まることで情緒障害を引き起こしています。トラブルが多いわけではありません。
 情緒障害になる原因は、患者は、普通の日常生活の中で健康的なムードを維持する方法を分からないということです。

 誰もが、トラブルに遭遇する。

 これらのトラブルは、ほとんどの情緒障害の引き金となっている。
日常生活は常に変化しています、多くの人々が前向きに生活することを学んでいません。ここでいう日常生活とは、収入と出費の管理、家族の親睦、時折口論を鎮めることを含む。
それと、日常生活の一部として、人々は自分の愛する人の死に直面することもあります。
どんな状況でも、常に“自分が幸せ”のような気分で生活するのがポイントです。

 これらの患者は、自分の感情を穏やかにする力が弱い
感情が穏やかな人、日常生活の中で様々な状況に対応する能力が優れています
すべてが悪い状況では、良い気分で対応する
穏やか、勇敢、自信、楽しみと喜びなど。
 しかし、一部の人々は、ストレスに直面する場合、消極的な方法で解決していきます
当然気分が悪い。
 恐怖、不安、否定的、失望等。

 前向きに問題を解決しましょう!

心理教育の不足はストレスの原因


昔から今まで、常に心の平安を感じられるのは、一部の人だけである。
理由は簡単ですが、我々は、心の平安を得る能力を、専門的なスキルとしてトレーニングを受けていないから。
感情的にバランスをとる能力というのは、学ぶ必要があります。この能力を身につけるのは、最も簡単な方法は適切な教育受けること。
しかし、こういう教育まだ登場していない。
私たちは感情をコントロールする能力を学べる学校はありません。
そのような学校は、もちろん、将来実現できると思います。
次の世代は、恐らく学校のカリキュラムでこれを学べます。
これはあくまで将来の話で、今の我々にとっては、意味ありません。

家族の影響

もちろん、人の受けられる教育とは、学校教育だけではありません。家庭教育の役割が最も重要です。
しかし、多くの家庭は、子供たちに悪い影響を与えています。
ほとんどの家族は、強いストレスを持っている。
もちろん、例外ありますが、一般的に、家庭教育が子供たちに良い基礎を与えていません。


友人の影響

私たちひとりひとりにとって、
私たち周りの人は、家庭に続いて、二番目の最も重要な教育要因です、
一緒に遊ぶ人、話す人、訪問した人、仕事の同僚、恋人などなど。
作家たちもこの部類に入ります
彼らは本を書くことで、私たちのプライベートの世界に入りました、
彼らは無くなった後でも、私たちに影響を与え続けます。
もし運がよければ、何人かの人々は私たちの友人の輪に入りまして、私たちの心を照らすことができます。
彼らは私たちの人生に影響を与え、一つか二つの正しい、健康的な態度と考え方を育成することを助けてくれるかもしれません。
しかし、ほとんどの人、大きなストレスを持って、普通の生活をしています。私たちの周りに平凡な人がほとんどである。


学校の影響

学校は第三に最も重要な教育の要因です。
学校の先生は、穏やかな心を維持する方法を教えてくれたことはありません
私はすぐに彼らはこれに気付くと信じています。
一部の教育専門家は、心理教育の計画を実践しています。
教育の最も重要な目的は、
人々が70年間、ストレスを抱えて生活することではなく、
喜びのある生活を実現する能力を教えることであるべき。
Profile

dankenneth

Author:dankenneth
 小さいごろから海外で生活していました。そして、強くなりたいので、小学校から、格闘技を始まりました。
 レベル少しずつ上がりましたが、怪我があって、後の人生、家族の気持ちを考え、プロになるのをあきらめました。このブログで、役に立つ情報を分かち合いたい。
 健康な体は幸せな人生の基本だと思っています。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.

QR code
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。